校長挨拶



             茨城県立竜ケ崎第一高等学校・附属中学校 校長 川村始子
 

 竜ヶ崎第一高等学校及び附属中学校のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。

本校は,明治33(1900)に創立され,本年度120周年を迎えます。この間,卒業生は,2万6千人を数え,政治,経済,文化,学術,スポーツなどあらゆる分野で,全国各地は言うに及ばず海外でも,目覚ましい活躍と貢献をされています。

その歴史を礎に,本年4月に茨城県教育委員会から附属中学校の開校宣言をして頂き,第1回生40名が入学しました。この附属中学校は、県立高等学校改革プランにより、豊かな人間性と新たな価値を創造する起業家精神を兼ね備えた地域のリーダーや、世界に飛び立つ人材の育成を目指して誕生した、県立中学校です。開校によって本校は,併設型中高一貫教育校として新たな歴史を刻むことになりました。

もとより本校は、「誠実・剛健・高潔・協和」の校訓のもと、「文武両道の気風」の精神に則り、知・徳・体の人格的なバランスのとれた全人教育を誇ってきております。

平成26年度から「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」の指定を受け,現在2期目の2年目になり,「科学の『め』」を養う1期目から『問う力』を共通指針とした「たくましい科学系人材」の育成へと進化しています。この流れは2022年度より実施される学習指導要領改訂の基本方針に則ったものであり,授業の中で育成したい資質能力の総称として『問う力』を置き,探究活動を「学びの要」として学校の教育活動全体で実施し,知識や技能を活用したり結びつけたりしながらより深い学びへと誘います。この取り組みによって,粘り強く研究に取り組む科学系人材,将来のイノベーションを担う人材の育成を目指します。

令和2年度入試においては,県内屈指の進学校の期待に違わず,旧帝大難関国公立大学受験者の現役合格率が7割という数字をはじめとして,国公立大学へ117名,私立大学では,早稲田大学19名をはじめとし665名の合格を出しました。

 部活動では,射撃部男子が全国制覇・女子が2位,ソフトテニス部・写真部・書道部が全国大会出場を果たしました。関東大会には陸上競技部・弓道部が出場し,吹奏楽部は東関東大会で実力を発揮しました。また,甲子園春夏10回の出場経験を有する硬式野球部も,秋・夏ともにベスト8進出など,どの部でも生徒達が生き生きと活躍しています。加えて,学園祭や体育祭などの学校行事にも全生徒が全力で取り組んでおり,こうした姿勢は,文武両道を高いレベルで実践する本校の良き伝統として受け継がれています。 

定時制においては,生徒一人一人の特性を生かし,生徒の気持ちに寄り添い,自己実現を目指すための支援体制を整えています。

 今後も本校は,これまでの歴史と伝統の中で培ってきたことを大切にし,地域や同窓会のご支援をいただきながら,社会のリーダーとして貢献できる「人間力」のある人材を輩出できますよう教育活動を展開して参ります。

                                                         

       2020年4月


 

2021学校案内パンフレット


 
 

Facebook

 

 

本校を受検する皆さんへ

県立高等学校入学者選抜における
Jアラート等緊急情報について
(茨城県教育委員会のページへ)
 

就職支援奨学金助成制度について

茨城県
就職支援奨学金助成制度
についての詳細はこちら
 

住所

〒301-0844
茨城県龍ケ崎市平畑248
TEL 0297-62-2146
FAX 0297-62-9830
e-mail
 koho@ryugasaki1-h.ibk.ed.jp
 

掲示板QRコード

 
 
 
COUNTER1053912
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立竜ヶ崎第一高等学校