進路行事NEWS 

第一学年 進路講演会 平成30年7月12日(火)6時限目
 例年、本校では、高校初めての全国模試の前後に、模試の振り返りの重要性を生徒にあらためて周知するために、学年集会を開き、振り返りノートの作り方を含めてガイダンスを行っております。今年もベネッセの杉浦さんに依頼しました。模試をやった後の復習の重要性を、一年生の最初に丁寧に指導することは非常に重要です。夏休み直前ということで、夏の学習計画の参考にもなるはずです。

 

第一学年 『主体性評価』についての職員研修会 平成30年7月10日(火)
 現高校1年生の入試では、各大学が入試において主体性の評価を行うとしています。本校でもベネッセのマナビジョンを使って主体性評価への準備を行っていきますが、今回は、1学年教職員向けに、具体的にその評価の意義から、ポートフォリオへの入力のコツについてベネッセの杉浦さんに依頼して職員研修会を実施して頂きました。ポートフォリオは大学受験のみならず、普段の先生方の面接の資料にもなるとのことで、活用の幅はもっと広げられると感じました。今後の指導に役立てていきたいと思います。

第一学年進路講話 平成30年7月2日(水)6時間目
 昨年度に引き続き、リクルート・マーケティングパートナーズの佐藤実千代さんを講師にお迎えし、先に実施した進路適性検査の結果を踏まえた上で、一年生対象に進路選択についてのご講演を頂きました。「日常を一生懸命過ごせば、必ず自分の進路は見つかる」「知っていることが小さいとやりたいことも小さくなる」など心に刺さる数々の言葉を頂きました。今後の進路選択に活かせる非常にためになるお話だったと思います。佐藤先生ありがとうございました。

 


Rガイダンス(OB・OGによる進路ガイダンス) 平成30年6月30日(土)午後
 昨年の卒業生を中心に現役大学生に講師を依頼して、分野別に分かれての進路ガイダンスを実施しました。一橋、大阪大・東北大・千葉大薬学部などの難関大合格者を含め23名の卒業生に協力してもらいました。全員パワーポイントをしっかり作ってきてもらって、とてもしっかりした発表でした。在校生達も自分の興味のある学部の話や受験勉強の方法などを先輩達から聞ける機会とあってとても真剣に聞いていました。その後の質疑応答もどの教室でも盛り上がっていたようです。協力してくれたOB・OGの皆さんには心から感謝申し上げます。さあ、来年は皆がこのガイダンスで語る番です。苦労することから逃げないこと。受験生の覚悟を!

 
医学ゼミ:医師による講演会を実施しました。平成 30年6月30日(土)午後
 筑波大学医学医療系で地域総合医学も教えていらっしゃる つくばセントラル病院 総合医療科の医師 桝本祥一先生をお招きして 「地域を支える医療者になろう」という演題でご講演いただきました。グループディスカッションなども交え、一緒に来校してくれた筑波大の医学部生3名とともに、受験勉強の方法まで丁寧に一つ一つの質問に答えてくれる時間も作っていただきました。生徒達の感想からも、今回の講演会は非常に実りある講演会であったことがうかがえます。
 その後、県の医療人材課の方より、地域枠の説明、医師になった場合のその他の給付制奨学金の説明がありました。6年間で他学部に比べると非常にお金がかかる医学部を目指すに当たり、奨学金の話はとても重要であると考えます。



第3学年保護者対象大学進学説明会 平成 30年6月30日(土)午前
 今年度は、3学年主任と副主任からそれぞれ、夏休みを前に、学年の現在の状況、夏休みの課外などを含めて、今後の進路指導の流れについて、本校独自の詳しいデータ等を交えて説明させていただきました。非常に多くの保護者の来校ありがとうございました。
 
大学学部学科研究会を実施しました。2学年 平成 30年6月25日(月)
筑波大学、茨城大学、首都大東京、県立医療大、千葉大様から11名の先生をお招きして、学部学科の紹介及び模擬授業を実施していただきました。どの授業もとても楽しく、知的好奇心が擽られる素晴らしい授業でした。2年生は、夏休みには積極的にオープンキャンパスに出かけて、自分の大学での学部学科を決めていくことになります。その前の事前指導を兼ねた企画として毎年とても良い機会になっています。11名の先生方、お忙しい中本当にありがとうございました。



TODAI倶楽部に行ってきました(2)。平成30年6月22日(金)
 今回は「運動の上手な人はどこが違う?」という文系・理系問わず興味を持ちそうなタイトルです。大学院情報学環・学際情報学府准教授・工藤和俊先生による授業です。「上手な人」は生まれつき何かが違うのか。あるいは練習の量が違うのか。同じような練習をしていても、上達の速い人とそうでない人がいるのはなぜか。これらの個人差は何に起因するのか。興味はつきません。また現地では現役東大生のミニキャンパスツアーも実施できました。身近な先輩からの東大紹介で生徒のモチベーションはかなりUPしたはずです。



TODAI倶楽部に行ってきました。平成30年6月8日(金)

 東京大学が開いている「高校生のための金曜特別講座」に希望者を引率して参加してきました。今回は「光合成とバイオテクノロジー」というタイトルです。教養学部統合自然科学科教授の池内昌彦先生による授業です。1年生のうちから東大キャンパスの雰囲気も直に味わえるお勧めの企画です。次回は6月22日(金)を予定しています。
 
「教育実習生を囲む会」を実施しました。平成30年6月7日(水)
 現在11人の大学4年生達生が本校で教育実習を行っています。教員志望の生徒だけでなく、本校生徒達全員にとって、いろいろな面で良い刺激がもらえるまたとない期間です。今年もせっかくですので、大学の話や受験勉強の話などを聞く機会を放課後に設けてみました。





前期出陣式!これまでの努力がきっと答えてくれる!
自分のこれまでの努力を信じよう。

国公立前期試験の出陣式が行われました。平成30年2月23日(金)
 いよいよ25日から国公立前期試験がはじまります。学年主任が生徒達に激励の言葉をかけ、いざ出陣です。70回生達は本当に今日までよく頑張りました。あとは、今日までに培ってきた力を試験会場で発揮してくるだけです。センター試験と違い、今度は皆別々の会場での試験になりますが、同じくらいの時間帯に、仲間達が一緒に頑張っているはずです。一人じゃありません。竜一70回生の仲間達と一緒です。我々教員団も心から応援しています。頑張れ!70回生。浪人中の卒業生達も頑張れ!吉報を心から待っています。


いよいよセンター試験!頑張れ70回生!
 今こそ70回生の底力を見せてやれ!Prove yourself!

センター試験出陣式が行われました。平成30年1月12日(金)
下の写真は本校職員室前ホワイトボードの職員からの激励メッセージです。

 
難関大入試対策実践講座『難関大の数学』(高3対象)を実施しました。平成29年12月9日(土)
 本校のOBでもある駿台予備校の野﨑先生をお招きして難関大志望者に対して数学(主に数Ⅲ)の特別授業を実施してもらいました。3時間の長丁場でしたが、充実した様子で生徒達も真剣に取り組んでいました。          
(感想)複素数平面での「反転」や「はみだし削り法」といった知識を得られて良かった。・竜一の昔話も面白かった。・別解の考え方や図がとても丁寧で分かりやすかったです。・柔軟な思考力について学べた。複素数は今まで苦手と感じていたが、お話を聞いて面白いと思えるようになった。・不等式の導き方が考えつかなかったが、納得することができた。数Ⅲの各分野の問題を丁寧に解説してくださり公式を覚えるだけでない、考え方の本質を理解することができました。・とても感動しました。・数Ⅲへの意欲が湧きました。テスト直しの重要性を痛感しました。・この講座に参加して本当に良かったです。



TODAI倶楽部に行ってきました。平成29年11月10日(金)
 東京大学が開いている「高校生のための金曜特別講座」に希望者を引率して参加してきました。今回は「ダンテの『神曲』を今読んでみる」というタイトルです。教養学部教養学科教授の村松真理子先生による授業です。現地では,授業の前に2人の現役東大生が本校生徒だけのために,ミニキャンパスツアーを開いてくれるという贅沢な時間を過ごしてきました。東大の模擬授業はもちろん,先輩からの話に参加者達は大いに刺激を受けて帰ってきたようです。


先輩の語る仕事を聴く会 (1学年職業人講話)平成29年11月3日(土)午後
 様々な分野でご活躍中の9人の社会人の方々をお招きして、それぞれのお仕事について、語っていただきました。生徒達は自分の興味のある2人の方の話を聞くことができます。毎年複数の生徒達が、この企画で刺激を受けて、自分の将来の職業・あこがれの職業を決めたと後に言ってくるほど、生徒達にとってはとても刺激ある企画となっているようです。1年生にとっては文理選択前のタイミングにもなっており、その判断材料の1つにもなっています。





医学ゼミ(模擬面接指導)平成29年10月21日(土)午後
 駿台柏校の校舎長である宮辺先生に来校して頂き、医学部志望の生徒に対して模擬面接を実施してもらいました。代表生徒3名に対して模擬面接を行い、残りの生徒はその面接の様子を見学しました。一人一人に対してのフィードバックも参加者全員の前でして頂けるので、参加した生徒達は皆自分の姿に照らし合わせて多くを学ぶことができた様子でした。

Finding Myself Tour (1学年大学職場見学)平成29年10月11日(水)
 7コースに分かれて、興味のある大学や職場に見学に行ってきました。今年度お世話になった大学・企業は筑波大、東工大、JAL、羽田クロノゲート、東京証券取引所、野村総合研究所、内田洋行、ツインリンク茂木、日本ジェネリック、筑波実験植物園、CYBERDYNE、原子力オフサイトセンター、環境放射線監視センター、アクアワールドさんです。1年生は文理分けの時期が近づいていますので、その参考にもなる貴重な機会だったはずです。






医学ゼミ・入試情報編 平成29年9月30日(土)午後
 駿台柏校の校舎長である宮辺先生に医学部の入試について詳しく説明して頂きました。先生は長年都内で医学部の受験指導をされていらしたスペシャリストです。本校のために充実した資料もご用意頂きました。対象は一年生から三年生の医学部医学科を志望する生徒とその保護者です。狭き門ではありますが、あきらめず夢を追いかけてもらいたいものです。次回は10月に面接試験についての講義と実際に模擬面接形式での指導をお願いしています。



茨城大学説明会 平成29年9月6日(水)放課後
 茨城大学アドミッションセンター副センター長の小泉淳二先生と、入試方法研究・高大接続部門長の伊丹一浩先生に来校いただき、理系と文系に分かれて大学説明会を実施しました。それぞれの学科の様子はもちろんのこと、大学院への進学率、一流企業への就職率について詳しい説明がありました。さらにこの春からの工学部における英検取得による見込み点の制度についてなど、とても有益な情報をいただくことができました。毎年多くの生徒が、茨城大学にお世話になっていますが、今回の説明を受けて、改めて素晴らしい大学であると確信することができました。今年も多くの生徒達が合格を勝ち取ってくれることを期待します。



学習合宿(3年) 平成29年8月8日(火)~10日(木)
 昨年に引き続き70回生(希望者)も守谷のセミナーハウスさんで2泊3日の学習合宿を行いました。朝から晩まで、1日10時間以上の勉強合宿です。今までは、文武両道達成のために、いかに短い時間で集中して勉強するかを工夫してきた者がほとんど。こんな長時間を連続で勉強したことのない人もいたはず。でも、やればできる。文武両道で鍛えた集中力のおかげか、この合宿はとても短く感じた者が多かったようです。2日目の夕食は、サプライズでBBQでした!この経験を活かして、夏休み後半、そして今後の受験勉強の「勢い」が益々増すことに期待します。(1,2年生希望者も16日(水)から2泊3日で勉強合宿が行われました。)



医学インターンシップ 平成29年8月3日(木)東京医科大学茨城医療センター
 
今年も東京医科大の柳生先生にお世話になり、本校1,2年の医学部医学科志望の生徒がインターンシップに参加してきました。実際の手術の様子を自分の目で見たり、実際に器具を触らせてもらったり本当に貴重な経験をさせて頂けました。また東京医科大在籍中の竜一OGもかけつけ、医学部受験の相談にも乗ってくれました。この参加者の中から一人でも、医学部合格を勝ち取り、医師の道を進んでもらえるものが出ることを願ってます。

 
筑波大入試研究会 平成29年7月26日(金)
 
まず筑波大のアドミッションセンター長をお招きして、筑波大が求める生徒像についてのお話を頂きました。その後、各教科の教員達が自分たちで研究した筑波大入試対策を講義しました。また、これに先立ち、毎年、本校筑波大研究委員会が作成する『筑波大入試問題研究』という冊子を今年も発刊することができ、1,2年在校生全員と3年希望者に配布しました。

東北大ツアー 平成29年7月24日(水)~26日(金)
 
今年も東北大のオープンキャンパスに1,2年の希望者(30名)を連れて参加してきました。現地では、去年の卒業生がかけつけてくれ、学校の案内を助けてくれました。初日は、途中、閖上地区で被災され家族を亡くされたという方のお話を聞く機会も持て、改めて津波の恐ろしさと復興の難しさなどを肌で感じ貴重な経験となりました。なお、旅館においては、2日とも英語と数学の授業を90分ずつ(毎日3時間)就寝前に実施し、さらに充実したツアーになったと思われます。
 

Rガイダンス(OB・OGによる進路ガイダンス) 平成29年7月1日(土)午後
 昨年の卒業生を中心に現役大学生に講師を依頼して、分野別に分かれての進路ガイダンスを実施しました。東大、京大、一橋、千葉大薬学部などの難関大合格者を含め25名の卒業生に協力してもらいました。全員パワーポイントをしっかり作ってきてもらって、とてもしっかりした発表でした。在校生達も自分の興味のある学部の話を直接の先輩達から聞ける機会とあってとても真剣に聞いていました。その後の質疑応答もどの教室でも盛り上がっていたようです。ガイダンス終了後も個別の相談会が自然にできあがりました。協力してくれたOBOGの皆さんには心から感謝申し上げます。あこがれの先輩達の話を聞いて、現3年生の心にも火が付いたことを願っています。

 

   
    

 

医学ゼミ:医師による講演会 平成29年6月24日(土)午後
 土浦共同病院 なめかた地域医療センター副院長兼内科部長である湯原孝典先生をお招きして、医師の仕事と心構えについての講演をして頂きました。1年生から3年生、そして保護者の方を含めて約30人ほどの参加がありました。豊富なスライドを用意して頂き、先生の人柄も十分に伝える、とても分かりやすい興味深い講演をして頂きました。先生は本校の卒業生でもあり、甲子園出場の時のブラスバンドの指揮者であったというエピソードも聞け、非常に親近感を持って聞けたのではないかと思われます。
 その後、県の医療人材課よりいらした藤田様より、地域枠の説明、医師になった場合のその他の給付制奨学金の説明がありました。医学部を目指すに当たり、奨学金の話はとても重要であると考えます。生徒達の感想からも、今回の講演会は非常に実りある講演会であったことがうかがえます。
  

   

保護者のための進路後援会 3学年 平成29年6月24日(土)午前
 河合塾より講師をお招きして、保護者の方々に向けて最新の大学受験情報について講演頂きました。その後、3学年主任より今後の進路指導の流れを説明、夏休みの課外の発表等もありました。

大学学部学科研究会を実施しました。2学年 平成29年6月22日(木)
 東北大学、筑波大学、茨城大学、首都大東京、県立医療大、千葉大、埼玉大の先生をお招きして、模擬授業を実施していただきました。どの授業もとても楽しく、素晴らしい授業でした。夏休みを前に、今後学部学科を決めていくのにとても参考になる良い機会だったと思われます。

 
 

TODAI倶楽部に行ってきました (2) 平成29年6月16日(金)午後
 先週に引き続き東京大学が開いている「高校生のための金曜特別講座」に希望者を引率して参加してきました。今回は「タンパク質をデザインして産業や医療に応用する」という内容です。理系の希望生徒が参加しています。講師をしてくださるのは、総合文化研究科准教授の新井宗仁先生です。今回も本校OBが現地ではミニキャンパスツアーを開いてくれます。
 
東北大説明会を実施しました。 平成29年6月14日(水)放課後
 
東北大学・高等教育開発部門入試開発室から、宮本友弘先生(准教授・教育情報学)をお招きして東北大の魅力と入試制度についてとても分かりやすく説明をしていただきました。3年生の東北大志望者だけでなく、1,2年生も興味のある生徒は自由に参加してもらいました。実は宮本先生は竜ケ崎一高OBでもあります。自分たちの高校の先輩からの説明に、より東北大が身近に感じたようでした。是非今年も一人でも多くの志望生徒が東北大への合格を勝ち取ってくれることを祈ります。

     

TODAI倶楽部に行ってきました。平成29年6月9日(金)午後

 東京大学が開いている「高校生のための金曜特別講座」に希望者を引率して参加してきました。今回は「読み破る政治学」というタイトルです。東京大学先端科学技術センター・教授である牧原出先生による授業です。今回は文系の生徒が中心ですが、来週は理系分野の授業となっており、理系の希望者を引率してきます。現地では、本校OBの現役東大生によるミニキャンパスツアーも開きますので、参加生徒にとってはとても刺激的な半日となるはずです。

 

「部活動引退者集会」を開きました。平成29年6月7日(水)昼休み

 インターハイの地区予選が終わり、そろそろ部活を引退するものが出てきました。これまでの2年と数ヶ月の間、本当に生徒達は文武両道を頑張ってきましたが、残念ながらここで引退となります。3学年主任より、その奮闘を称える励しの言葉と、今後の受験生としての気持ちの切り替えについての講話がありました。今後、全ての部活が引退を迎えるまで定期的にこのミニ集会は実施されていくことになります。
 


「教育実習生を囲む会」を開きました。平成29年6月7日(水)放課後
 6月7日現在11人の大学4年生達生が本校で教育実習を行っています。本校生徒達にとっても、とても良い刺激がもらえる絶好の期間です。せっかくですので、大学の話や受験勉強の話などを聞く機会を放課後、全学年の希望者対象に進路指導部では毎年設けることにしています。実習生達にとっても、生徒との距離が縮まる良い機会になっているようです。
 
 

本校を受検する皆さんへ

県立高等学校入学者選抜における
Jアラート等緊急情報について
(茨城県教育委員会のページへ)
 

住所

〒301-0844
茨城県龍ケ崎市平畑248
TEL 0297-62-2146
FAX 0297-62-9830
e-mail
 koho@ryugasaki1-h.ibk.ed.jp
 
 

掲示板QRコード

 
 

 
 
COUNTER465181
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立竜ヶ崎第一高等学校