校旗

現在の校旗

      


旧校旗





新制高校の校旗について
 旧制の中学校時代には、明治41(1908)年4月19日に校旗の制定式が行われた。この校旗はさまざまな式典、学校行事、スポーツ大会等で用いられ、本校の象徴とされてきた。
 しかし、昭和23年に学生改革があり新制高等学校が誕生し、旧制中学校時代の校旗は、その役目を終えることになった。この後、しばらくの間は、校旗不在の時代に入った。
 昭和40年(1965)9月21日、真船始校長(第9代校長)の時に、新制高校の校旗が新調されて、「校旗樹立式」が行われた。この校旗は、昭和38年度、・39年度・40年度卒業生の卒業記念品として、金15万円によて作製されたものである。校旗の色彩・構図については、服部正一郎(中21回)、菅谷秀雄(高2回)の両画家が協力し、その製作については、東京都浅草橋の日ノ丸が担当した。
 これにより、旗手は、各年度2名が任命され、式典のときに校旗捧持を務めることとなった。現在でも毎年入学式、卒業式に学校長先導のもと、校旗の入場が厳粛に行われている。


校旗の制定
 校旗は、明治41年(1908)4月に制定された。本校は「天下の模範校」として文部省から表彰され、板垣校長がその功績により選奨された記念として寄付したものである。その経緯については、「校友会雑誌」第6号(明治41年12月)に次のようにある。

 第8回当校創立記念日の終了を告ぐるや、引続き校旗制定式を挙げられたり。抑もこの校旗は板垣学校長が教育勤労者として、文部省より選奨せられたる記念の為に、賜金(200円)の約一半を割きて其の費に充て、東京三越呉服店に命じて調製せしめ、以て、寄附せられしものにして、本誌の首に写し出したる即ちこれなり。高尚荘厳洵に景仰の情に堪へず。(後略)

 また、板垣校長は、この制定で、「此の校旗を当校の中心となし、精神とし、之を擁護し、其の名誉を挙揚せんことを切望す。」と述べている。しかし、誰のデザインによるものかについての記述は見当たらない。
 翌明治42年1月13日、「初めて旗手3人を置き、校旗擁護の任に当たらしむ。但し、任期は1学期間とし、以後毎学期の始めに於いてこれを命ず。」と、「茨城県立龍ケ崎中学校一覧」にある。
 以後、この旗手任命の制度は、現在まで継承され、入学式・卒業式等の重要な学校行事は、校長の先導による旗手の掲げる校旗入場から開始されている。これも本校の伝統の一つと言える。
 なお、旧龍中校旗は、創立百周年記念事業の一環として、平成12年12月に複製された。因みに、費用は約200万円である。
 

校訓




校訓の制定

 明治38年(1905)5月9日に、校訓十則が定められた。その経緯を、板垣源次郎校長は「校友会雑誌」創刊号(明治39年3月)で、次のように述べている。

 学校の如き多数の集合体に於ては関係各自の要求に差別あるが故に相当に多く之を示す必要あるべし。即ち今日は於ては世界に於ける日本の国民として具備すべき資質は之を網羅したきものなり。帝国臣民の服膺すべき要件は、明治23年10月30日下賜せられたる教育に関する勅語に炳焉たりと雖も勅語の趣旨は幽邃探長なれば、更に此の趣旨を敷衍して簡明卑近に当校生徒の心得べき条項を示すは不可なることにはあらざるべし。校訓十則は即ち是なり。
 当校生徒諸君は常に教育に関する勅語の趣旨に遵ひ校訓の条項を守り善良なる校風の発揚に留意し忠良なる帝国臣民たらんことを心懸くべし。中にも諸子各自に特に適切なる条項は別段に之に用心したきものなり。又、校訓はすべて積極的に之を示したけれども消極的のことも共に必要なるは勿論なりとす。吾人は普通的たると共に特殊的たる必要あるべし。即ち平凡ならざるべからずと雖も亦同時に特徴なかるべからず。学校の如きも一般の事域一定の水平線以上に到着せしからは如何なる点か特別に発達して他に秀づる所ありたきものなり。諸子にして苟も能く如上の留意と心懸とあらんには当校の特徴庶幾くは発揮することを得んか。

  校訓十則
   一、言動容儀ヲ慎ムヘシ
   二、礼儀廉恥ヲ重ンスヘシ
   三、勤勉節倹ヲカムヘシ
   四、自治共同ヲ尚フヘシ
   五、公徳公益ヲ重ンスヘシ
   六、秩序規律ヲ守ルヘシ
   七、誠実信義ヲ旨トスヘシ
   八、清潔整齊ヲ尚フヘシ
   九、高尚優雅ノ志操ト快活剛毅ノ気象トヲ養フヘシ
   十、身体ヲ鍛錬シ強健ヲ図ルヘシ

 その後明治43年(1910)4月19日には、校訓は十則から五則に改められた。

  校訓
   第一 誠実剛毅ヲ旨トスヘシ
   第二 勤勉節倹ヲカムヘシ
   第三 自治共同ヲ尚フヘシ
   第四 秩序規律ヲ守ルヘシ
   第五 礼儀高潔ヲ重ンスヘシ

 さらに大正4年(1915)4月8日には、五則から三則に修正された。

  校訓
   第一 誠実ヲ旨トスヘシ
   第二 剛健ヲ尚フヘシ
   第三 高潔ヲ重ンスヘシ

 この校訓は、講堂演壇正面に額となって掲げられた。
 さらに時を経て、昭和13年(1938)3月発行の「校友会誌」第14号には、

  校訓
   誠実
   剛健
   高潔

とある。5代校長、園田軍平の時代だった。
 その後、新制高校になり、昭和28年度に、当時の校長飯塚宗之助(第8代校長・中16回)が、すでに女子生徒も在学中なので、互いに励まし合って仲よく学んでゆく精神を表す意味で「協和」を追加したいという提案をし、「剛健」に代わって「協和」が加えられた。しばらく「三則」の校訓が続いたが、昭和48年に「剛健」が復活し、「誠実・剛健・高潔・協和」の四則となり現在に至っている。
 ここで、「高潔」誕生にまつわるエピソードを一つ紹介しておく。元本校教諭長塚誠道(中36回)に、次のように記している。

 私の知る限りでは「高潔」という校訓は、本校以外には見たことがない。すばらしい校訓であると感銘した。高潔こそ人間にもとめられる最も大事な品性だからである。後年、先輩鶴間栄先生(中18回・元宮崎県立小林高等女学校長・元本校教諭)より校訓の制定者板垣源次郎校長が、次のような訓話をされたと伺ったことがある。誠実・剛健の徳は私共にとって大事なものであるが、この二つだけではこの地方に欠けている教養豊かな気高さとか、品格のよさというものは出てこない。そこで田夫野人的というか、粗野な風習から脱して、教養を備えた高い品性を陶冶すべく高潔の徳を校訓として掲げた。(後略)(「白幡台の青春」卒業五拾周年記念誌・旧中36回卒業生・平成2年10月)
 

制服

 

本校を受検する皆さんへ

県立高等学校入学者選抜における
Jアラート等緊急情報について
(茨城県教育委員会のページへ)
 

住所

〒301-0844
茨城県龍ケ崎市平畑248
TEL 0297-62-2146
FAX 0297-62-9830
e-mail
 koho@ryugasaki1-h.ibk.ed.jp
 
 

掲示板QRコード

 
 

 
 
COUNTER529910
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立竜ヶ崎第一高等学校